2019会員更新手続き

4月より新年度となりますので、2019年度の会費を頂戴いたします。

*年会費をお支払い頂いた方は2019年度より、月謝払を選べます*

*練習の参加に、年会費は強制ではありません。

年会費をお支払いいただくと、システマ埼京所属メンバーとして登録します。またスポーツ保険に加入いたします。

年会費を希望される方は、クラスにて、または「お問い合わせページ」から希望する旨伝えて下さい。


会員について

2種類の参加方法があります。年会費を払い参加するか、無しで参加するか。

*練習の参加に、年会費は強制ではありません。


年会費ありコース 

  • 年会費:8000円/年(スポーツ保険込)
  • 会員登録:あり システマ埼京所属メンバーとして登録
  • 都度払い:1回2000円(インストラクター無料。IiT1000円)
    • *年会費をお支払い頂いた方は、月謝払も選べます*
    • 月謝払 8000円/月
  • 優待:あり
    • ※ 年に数回行われるシステマジャパン、システマ東京、など諸団体主催のセミナーやワークショップで会員割引があるものについては、システマ会員枠の料金が適用されます。例)2016システマ創始者セミナー2日間:44,000円のところ、38,000円と6000円お得。

年会費なしコース

  • 年会費:なし(スポーツ保険なし:自己責任でご参加下さい)
  • 会員登録:なし
  • 支払い方法:都度払いのみ
  •    1回2000円(インストラクター無料。IiT1000円)
  •    月謝不可
  • 優待:なし
    • ※セミナー、ワークショップには、一般枠料金での参加になります。
  • 備考:危険度はありますので定期的に参加される方は、スポーツ保険への加入をおすすめします。随時受付しますので、スポーツ保険加入ご希望の場合はお伝え下さい。


・会費内訳:会場費、運営積立金、維持管理費等

・他のシステマ団体に年会費を収めている方は年会費、スポーツ保険の支払いは不要です。

よろしくお願いします。

マインドフルネス

マインドフルネス要素に重点をおきつつ、動きが身体を導いていく練習をおこないました。

意識を大きく広げたまま、意識が閉じないように状態を整える。
その状態がいつ、どんな時に閉じていくか観察しながら練習に取り組む。
身体だけでなく周囲の影響も観察する。

湧き上がる思考なども観察する。

それらを呼吸で整えていく。

不快さ、快適さを判断の基軸に据えてワークしていく。

なにがリラックスを邪魔しているのか? を捉えて、呼吸で整えていく。

3月15日練習

システマ埼京 3月15日は、ストライクをメインに練習しました。

ストライクを練習しました。重みのあるストライク、立ち上がれなくなるストライク、相手を元気にするストライクなどなど。

ポイント

・全身を一つに繋げて、部分部分を切り離さない感覚を保つ。

・動き肉体を導くようにワークする。

・インターナルフォームを意識してワークする。

・ストライクはマッサージ。

3月24日(日)【@池袋クラス】のお知らせ

3月24日(日)ヨシさんと【@池袋クラス】を開催します。

場所:上池袋コミュニティセンター 多目的ホール

最寄り駅:JR池袋駅

〒170-0012 東京都豊島区上池袋2-5-1 健康プラザとしま7階

※アクセスが分かりづらいので下記サイトを参照してください。

http://sixsamana.com/2015/01/19/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%EF%BC%9A%E4%B8%8A%E6%B1%A0%E8%A2%8B%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%A0%86%E8%B7%AF/

時間:17時30分~21時

参加費:

一般 3000円 

Iit 2000円 

インストラクター 1000円

インストラクター

田籐健作(システマ埼京)

西部嘉泰(システマ吉祥寺)

今回は会場が広いので、皆さん是非遊びに来てください。

3月5日の練習風景

システマ埼京、5日はナイフワークをメインに練習しました。

壁を使った、動きが身体を導いていくワーク。力みに頼らない身体操作法。ナイフトレーニング。微細な恐怖が体に与える悪影響。もっちりとしたナイフの握り方。テイクダウン。等を練習しました。

2月28日の練習風景

システマ埼京、2月28日は、障害物のある環境での練習をしました。

相手から来るテンションだけではなく、周囲の環境から来るテンションを感じ取る。 周囲の環境がどのように、自分に影響を与えているかを観察する。周囲に何もない時と、障害物がある時の違いを感じ取る。そのようなものに心理的に束縛されていることに気づき、影響を排除していく。 足元や左右の障害物に囚われないように意識を広げて、呼吸を通しておく。

その状態を維持したままワークをする。呼吸が浅くなりがちなので、しっかりと呼吸していく。

障害物を利用した攻防
ポールをうまく活用する
テイクダウンされている間も、足元や左右の障害物を感じ続ける。