1月の練習風景

1月の練習風景です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-20-19-25後ろの重みを拳に集めておく。そうすることで後ろから強く引っ張られていても、楽に進む事ができる。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-20-39-53腕を掴まれた状態からのストライク。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-20-44-46腕を捕まれた状態で、そこから相手をテイクダウンする。そしてストライク。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-20-50-59腕を掴まれた状態から、相手をストライクしやすい位置にコントロール。

そこからのストライク。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-11-20-51-20掴まれた腕による崩し。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-20-20-24-00リラックスの追求

などを練習しました。

 

 

12月7日の練習風景

システマ埼京12月7日の練習は、身体を一つに繋げるボディーワークを主として、様々な動きを試しました。

グラウンドワークでの動き。倒れた状態からのエスケープとテイクダウンを中心に練習しました。

Jpeg相手を前にした時の心理的な緊張をリリースしていく。

相手と自分に境目を作らないようにテイクダウンしていく。

Jpeg刀を前にした時の心理状態、肉体の緊張を感じる。

それをリリースしてリラックス状態に戻るようにする練習。

 

システマ埼京:11月25日の練習風景

システマ埼京 11月25日の練習は、スティックワークを中心に、インターナルとエクスターナルをミックスした動きを練習しました。

感じる練習から先端で動くワークへ。

それを踏まえてスティックの奪い合い、スティックでのテイクダウンなどを練習しました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-25-21-00-38スティックを振り攻撃。相手は防御する。握ったり、奪おうとしたり。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-25-21-00-39その相手の防御の動きごと斬り崩し、テイクダウンする。

11月20日の練習風景

11月20日の練習風景です。全身を繋いで一つの身体を作る事をテーマに練習しました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-19-18-57全身を繋ぐ感覚を養う。バラバラにならないように。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-19-26-26全身を繋いだ状態を維持したまま、低い体勢からお互いにプッシュする。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-20-23-10全身を繋いだ状態を作る。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-20-23-12繋いだ状態を維持してプッシュアップする。リラックスして上げる。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-20-34-18全身を繋ぎ、床をプッシュした感覚と同じ状態で、壁をプッシュして全員を弾き返す。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-19-56-06以上を踏まえて、ストライク。


10月18日の練習風景

システマ埼京10月18日は「第二の呼吸」の感覚をつかむワークを中心にトレーニングしました。

 

Jpeg肺を開いた状態にする。その状態で左右に体重を移動し、呼吸が起こるに任せる。

Jpeg自由に歩いたらい走ったり。その動きが呼吸を生み出すのを感じる。

Jpeg様々な動作で肺が動くのを感じる。

Jpeg肺を開いた状態で、ストライクを受ける。

Jpeg1)様々なバージョンで腕をロックされる。肺を開いた状態に保つ。

Jpeg2)相手のロックを、呼吸で解除する。

夏の特別トレーニング風景

2016年8月14日夏の特別トレーニングは、テンションコントロールやインターナルワーク等に取り組みました。

写真 2016-08-14 14 07 58リラックスした雰囲気の中の練習

 

写真 2016-08-14 14 30 294人に拘束された状態

写真 2016-08-14 14 30 38リラックスし、呼吸を吐くことで、吹き飛ばす。

写真 2016-08-14 15 24 42方向性のあるストライクを打つ

写真 2016-08-14 16 20 20相手の中に重さを置くことで構造を崩す。

写真 2016-08-14 13 32 39

参加された皆様、お疲れ様でした!

 

7月29日の練習風景

7月24日と29日の練習風景です。指先からのストライクなどを練習しました。

写真 2016-07-24 19 34 49相手が起き上がってくるのを指で優しく触れて妨げるワーク

作用している筋肉や、意識に的確に触れていれば、相手は起き上がってこれない

写真 2016-07-24 19 43 46相手をよく観察してリラックスしたまま触れる。

 

写真 2016-07-29 19 55 24指先から引っ張られるように伸びてリラックスするワーク

写真 2016-07-29 20 26 33相手を指先でタッチする。十分にリラックスする。

写真 2016-07-29 20 26 35その触れた指先からストライクする。胴体から力を発生させないように注意する。