センサーとしての呼吸

8月の練習記録
武器としてのスティック、緊張を感じるツールとしてのスティックなど
幅広い使い方のほか、スティックの持つ圧迫感や道具を握ることによる緊張など、
素手の時とは違ったテンションの入り方を感じました。

なぜ動き出すのかを感じる。
スティックが当たると痛いから動く。自分の快適がキープできる場所へ行く。
攻撃が当たることが確定している状況下で接触の取り方、立つ位置を変える。
頭を叩きにくるスティックを腕で三角形を作って滑らせるように避ける。

相手の射程外かつ自分射程内であるポジショニングも踏まえて、
最後はスティックを避ける、取り上げるまでを通しで取り組みました。

(記:松原)

姿勢と影響力

2022年6月7、9日の練習記録

長座でのプッシュでストライクの下地作りと呼吸で整える姿勢のほか、座った状態でのレスリングでかみ合わないシチュエーション作り

手を踏まれた状態でのローリングほか、相手がエスケープする動きを、自分の立つ場所や姿勢によって追い詰める練習などおこないました。

衝突

2022年5月10、12日の練習記録

壁に向かって突き飛ばされても柔らかく受ける。
壁ぎわでのプッシュ&ムーブから、押される動きの認識、
自分の動きに変換して相手に返す。

習慣化した受け方やクセで対応している動きを観察をして、
コンタクトに対する反応、自然な動きなどに取り組みました。

(記:松原)

健康な戦士

2022年4月の練習記録
フィジカルなワークからマッサージ、ストレッチなど
内面的な感覚だけでなく、基礎的な体力・筋力強化、身体のケアまで幅広く取り組みました。

「まっすぐ進もうとする意思」と「まっすぐ進ませない外力」の中でも影響を受けずに進む。

壁に向かってプッシュアップする動きを観察して、
動きの発生順序が完成しないように発生源へ向けてアプローチ、
相手自身の力のアンバランスで崩れてもらう。

マッサージでも相手の状態を観察しながら、緊張の部位や繋がりを感じて解していきます。
戦いでの強さだけでなく、戦い続ける為の健康も養われます。

(記:松原)

つながりと独立

2022年3月8,10日の練習記録
自分が続けたい動きとそれを妨害する外部からの動き、
緊張とのつながり、つながりからの独立など取り組みました。

まっすぐ歩く動きをプッシュされても歩き続ける。
相手のアクションにリアクションしない。
勝・負、有利・不利の関係性から、自由で快適な状況でいる。

今週は体験参加の方が来られました。またいつでもお越しください。

システマ埼京では4月からの新年度会員を受付中です。
会員の場合、スポーツ保険加入のほか、
月額8000円で約8回あるクラスに参加できる月謝払いも選択できます。
(非会員、都度払いは1クラス2000円)

今なら、会員登録された方にシステマ特製Tシャツをプレゼント!
春から武術を習い始めるのはいかがでしょうか?
興味のある方は体験参加受付フォームからお申込みください。

(記:松原)

動きの始まり

2022年2月の練習記録
動きの衝突と身体のリラックスを中心に取り組みました。

衝突を避けて動くパターンと衝突の影響を受けずに動くパターン
との違いを意識しての立ち上がり動作

グラブ、テイクダウンの動きが相手から生じるプロセスの観察とアプローチ、
相手の動きと自分の動きの衝突、リラックスから生まれる自分自身の動き

その他、マスアタックなど複数の相手に追いかけられる状況での、
集団のコントロール、エスケープなどもおこないました。

柔らかさとバランス

2022年1月11,13日の練習記録
ストレッチとプッシュ&ムーブで背面を中心にほぐしながら、
ステップしないという制約下でも固まらずに柔らかく打撃を流す、打ち返す。

武器を抱えた時でも柔らかさを失わずに動くなど
背骨、体幹の柔軟性・バランスを意識して、動きの自由さに取り組みました。

力の経路と有効活用

2021年12月14,17日の練習記録
テンションのリサイクルを中心に、
動きの入力と排出、正しい方向へのエスケープを練習しました。

相手の手首・肘・肩など、狙った関節にテンションが加わるように極める。
受け手は、加えられる力の流れ、出発地点と終着地点を感じて、
終着地点から出発地点に向けて加えられた分のテンションを戻し、
リラックスした状態へ自分を整える。

また、加えられた力は捨てず、自分からは足さず、
ただ返すことのみ行なって、相手自ら体勢が崩れるのを待つ。
どのようにに崩れるのかは相手に委ねる。

(記録:松原)

鏡の中の自分

2021年11月9,11日の練習記録
前後左右に囲まれてのプッシュ&ムーブで体を柔らかく使いつつ、
真っ直ぐ歩こうとする中で、妨害してくる相手の影響と噛み合わずに歩くなど、
外部からのプレッシャーの中でも、自分のバランスを失わない状態を作る

床に倒れる時にも、柔らかく接触することでケガをしない動きを学びながら
腕を捻られても、関節に負荷が掛かっていない体勢にエスケープして、
快適な状態を感じる練習をしました。

相手の意図に反応することによって固くなった体を、リラックスすることで
相手の意図と噛み合わない、非対称の対応を模索しました。

調和する動き

2021年11月2,4日の練習記録
相手との触れ方、掴み方、動かし方と適切な入力量、
それらを踏まえてテイクダウン

スティックに導いてもらう動き、スティックの動きを妨げない動きを感じて、
床で転がる、立ち上がる、歩くなどリラックスして動く

武器の特性を感じて危険な状態から安全な状態に整えてのテイクダウン
また、テイクダウンする・されることへの計画や警戒など、
心理的な側面も感じながら、リラックスする・させる練習しました。

11/2は体験参加の方が1名いらっしゃいました。またいつでもお越しください。
システマは年齢や運動経験に関わらず、誰でも取り組めるものですので、
ご興味のある方は気軽に参加してみてください。